読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soichiro's ROOM!!!

今日もHappyなぼくからあなたへメッセージ

見えない未来を想像して勝手に不安になることよりも、今をどう生きるかということに力を注ぐ。

生き方
みなさん、こんばんは!
2月24日です。
明日、僕の後輩たちの卒業式でございます。
僕自身の卒業から2年。
あっという間でした。ほんとに。
きっと、今から2年後はもっとあっという間なんでしょうね。

そんなことより、
おめでとう!愛すべき後輩達よ!!!
思い切り生きてほしい!
また逢おう!


そしてそして今日はある映画を見ました。
その映画が、最近の僕の考えとめちゃくちゃマッチしたので、書きたくてしょうがなくなった為、夜な夜な書いております。笑



その映画とは、、、!

f:id:so_ichi_low:20160224225352j:image
3 idiots
きっと、うまくいく

インドの映画です。
ちょっと前に話題になったのかなぁと思います。

ようやく見ました。
もうね、本当に、
すごく響いたし、スッーて入ってきました。

内容としては、
物語は10年前の大学におけるエピソードと現代のランチョーを探す3人の旅を織り交ぜながら、やがてファラン達も知らなかった彼の秘密に迫っていく。
10年前、インド屈指の難関工科大学ICE(Imperial College of Engineering)。それぞれに家庭の期待を受けて入学してきたファランとラージュー、そして自由奔放な天才ランチョーの三人は寮でルームメイトとなる。何をするにも一緒の3人はしばしばバカ騒ぎをやらかし、学長や秀才だったチャトル等から"3 idiots"(三バカ)と呼ばれ目の敵にされていた。大学時代親友同士だったファランとラージューは、ある日同窓のチャトルから母校に呼び出される。チャトルは二人に、ランチョーというかつての学友の消息がつかめたことを話し、探しに行こうと持ちかけるのだった。(Wikipediaより引用)
という感じです。
この物語の中で、主人公のランチョーは、
ピンチの時になると、
All is well きっと、うまくいく
と、自分の胸を叩きながら、自分の心に言い聞かせます。

自分の将来を、未来を心配してたら、
生きていけないよ!!!
っていう、メッセージが込められた映画でした。

f:id:so_ichi_low:20160224232535j:image
見えない未来を想像して、勝手に落ち込むぐらいなら今を全力で生きること。


実は僕、先週よくわからないスランプに陥っていました。
体調も悪くて、気持ちも乗らなくて。
3月6日に控える自分が主催のイベントのことを考えたり、
自分の将来のことを考えたりすると、不安になって。

なーんにもやる気が起きなくて。


でもしょうがないから、
こんな時もあるなーって思いつつ、


何で今、不安なんだろう?って考えた時、
見えた答えはシンプルでした。
見えない未来を想像して、勝手に不安になっていただけ
だったんです。

上手く話せなかったらどうしよう
集客が全然できなかったらどうしよう
自分にはできなかったらどうしよう
失敗したらどうしよう

そんなこと、今考えてもしょうがないんですよ。
だって、誰にも未来は分からないから。

僕の心は弱いから、臆病だから、
マヒさせないと、挑戦するのやめちゃうんですよ。

だから、そんな時は、
心配ない。
なんとかなる。
なんとかする。
All is well .
って強く、強くいいきかせます。

そしたら、割とやれます。
成功します。
あと、失敗してもいいと思います。
失敗=成長だから。

どうせ見えないものを想像するなら、
最高にぶっ飛んだ楽しい未来を思い描こう
これに限ると思います。

僕の好きなコトバです。
If you can dream it,you can do it.
(夢を見ることができるなら、それは実現する)

だったら、
思い切り夢を
見ようじゃないか。
最高にぶっ飛んだ未来を描こうじゃないか。
その途中で、不安になったら、
All is well と言えば、いい。
全ては、大丈夫。

ってことで、寝ます。
最高にぶっ飛んだ夢、見れるといいなぁ〜
おやすみなさい!!!

あ!
こちらのイベントもぜひよろしくお願いします!⤵︎